貧困家庭の実態

増え続けている貧困家庭。仕方なく貧乏やっているのです。

虐待の連鎖 傷つける母親は傷つけられて育った

   

虐待の連鎖が起こる可能性は高い

子供の虐待が問題になっています。特に貧困家庭で多く、
その行為は連鎖すると言われています。
子供を守る手立てはあるのでしょうか。

虐待される子供たち

ニュース等でもときどき報道される虐待。
なぜ、可愛いわが子に手を上げるのでしょうか。
そして、虐待を受けた子供は普通に成長できるのでしょうか。

うちの子供たちが通う小学校でも、過去に虐待があったそうです。
2人の子供を育てるシングルマザーでしたが、
最終的には母親は逮捕され、子供たちは施設に保護されました。

その子たちには生まれた時から父親がいません。
そして、兄弟で父親が異なります。
母親は20歳で第一子を出産しました。
父親は明確になっていないそうです。
さらに23歳で第二子を出産します。
その当時、母親は飲食店で働いており、そこの常連客が父親です。

しかし、その父親には家庭があり、養育費を払うから家族には内緒に
してくれと言われました。
ところが、養育費を受け取ったのは最初の半年間だけでした。
その後、その男性は家族とともに行方が分からなくなりました。

母親は逮捕されたときも飲食店で働いており、
小学生の子供たちは母親と一緒にほとんど寝たことがないといいます。

仕事から帰ってきたときに、子供が起きてくると不機嫌になり、
顔を何度も叩きました。
そのうち、子供たちは母親の帰宅後に目が覚めても、
寝たふりをしていたそうです。

2人の子供たちはすでに成人しています。
2人とも20歳で子供を産んでおり、
噂では、どちらも虐待をしているとのことです。

虐待の連鎖が起こる

幼少期に虐待を受けた子供は、大人になってから
自らも虐待をすることが多いという調査結果があるようです。

心理学者の話だと、虐待を受けて育った子供は、
人の痛みがわからないのだそうです。
人を傷つけても平気だから、学校では問題児扱いされ、
親になってからも我が子に手を上げてしまうのです。

このような性質をもった人間は、子供を産むべきではありません。
残念ですが、まともな大人に育ってはいないのです。

実母に育てられても幸せとは限らない

貧困家庭では、一般家庭に比べて虐待を受ける割合が多いです。
おそらく、子供を産む力はあっても、育てる意志がなく、
教育に必要なお金を蓄えることもなく、あり金を遊びに使ってしまう。
遊び癖がついた人間は、後先考えずお金を使ってしまうため、
貧困家庭になってしまうのだろうと予想できます。

まともに育てられず、虐待を受けるくらいなら、
実母に育てられるより、施設で保護されたほうが幸せかもしれません。

残念ですが、この先もごく一握りの家庭では、
虐待を受ける子供たちがでてくると思われます。
出来るだけ早急に保護されるべきだと考えます。

 - 貧困家庭の実態